お腹のこと、気にしてみませんか。

お腹がかたかったり重苦しい不快感はありませんか?

慢性的な便秘で苦しんでいませんか?

内臓に違和感を感じてませんか?

お腹なんて痛いときにさする程度で、あまり触ることなんてありませんよね。一度自分でお腹を触ってみてください。特におへその周りがコリコリと硬くなって押えると痛くなったりしませんか?

内臓は、お腹の中をある程度動くことができます。呼吸や普段の生活の動作の中で自然に動かされています。ですが、何らかの原因で固くなったり、内臓の他の部分とくっついたり(癒着)、ねじれたりして動きにくくなってしまうことがあります。 そうすると、便秘や違和感やその他の色々な症状がでてきます。


ほとんどのケースで、内臓のどこかが固くなっています。 便秘の場合は、大腸が固くなり蠕動運動に支障が出ているケースが多いです。 そこで、お薬を使わずお腹を柔らかくする治療があります。

それが内臓整体(内臓マニピュレーション)です。
この硬さですが、内臓の小さなねじれがいくつも集まり複合されて硬くなっている場合が多いようです。 この様に硬くなった部分を丁寧に触診し小さなねじれを一つ一つ丁寧にリリースしていくと… ふわぁ~ と気持ちよく緩んできます。

お腹がグルグルと鳴り出して内臓が活性化されてるのが実感できるでしょう。

お腹を意識して、内側から健康になりましょう!!

少し難しいですが、
お腹の中にある臓器は、多くの膜や靭帯によって支えられています。
そして、体の動きや呼吸運動に合わせて滑らかに動く可動力と、内臓自体の固有の動きで自動力という動きがあります。

しかし、臓器を包みこむ膜やそれらを繋ぎとめている靭帯が固くなると、動きに制限を受けてしまいます。

動きの自由さを失うと臓器の機能が不活性化して痛みや不快感・内蔵機能の低下・体液の循環や内分泌系にまで影響を及ぼします。あるいは筋膜との癒着は、肩こりや腰痛の原因にもなります。

内臓整体では、臓器の周りにある癒着を取り除くことにより内臓の自由さを取り戻します。

胃下垂
腎下垂
膀胱炎
手術後の内臓の癒着

などに改善効果が期待されます。 また

腸腰筋の活性化
自律神経のバランス調節
臓器機能の活性化

などの効果もあります。
頑固な便秘や下痢などの症状でお困りの方は、是非一度体験してみて下さい!!